2006年09月07日

知っている言葉やものリスト

 最近のアロハは、言葉やモノの知識をどんどん吸収しているようだ。まだ言葉は出てはこないけど、見た事、聞いた事のあるものを「ア、ア」と言って指差したり、サインのようなことをして「それ、知っているよ!」と言いたくてたまらないらしい。

 ベビーサインも、「全然使わないな〜」と思っていたが、最近は1日〜2日見せると、必要なもの(「水くれ」など)は憶えるようになった。アロハ自身もイロイロ開拓して手を動かしているので、それを読み取ったりするのも楽しい。

 今日は、14ヶ月と3週間の時点で、どんな言葉あるいは絵を「知っている」のか、メモとして記録しておきたい(以前のリストと重なっています)。

動物:本で出て来た、実物を見た、オモチャを持っている、 DVDで見た、など。最近は、服や食器についていることにも気付いたらしく、しげしげと眺めては、「ア」と指差して教えてくれる。

ネコ(鳴きまねをする、手で顔を洗う真似をする)、犬、象(手を動かして長い鼻のサインをする)、ライオン(ガーという)、カバ(自分の口を指差して、口が大きいことを示す)、ネズミ、羊、牛、クマ、ウサギ(手を頭に当てて、耳が長いことを示す)、カモメ(アー、アーと鳴きまねをする)、ひよこ、めんどり(ひよこのママなので、ときどき「ママ」という)、おんどり、アヒル、うずらちゃん、ブタ、カメ、馬(ぱかぱか、というような音を口で出して、体を上下に揺する)、ペンギン、カカポ、ナマケモノ、ハチ、チョウチョ(手をぱたぱた動かす)、ガチョウ、ロバ、ヘビ、カモメ、鳥全般、カエル、クジラ、コアラ、パンダ、でんでん虫……。

体の部分:大変に興味があるらしく、抱っこすると、私の顔のいろいろな部分を指さしてくる。目なんかは危なくてしょうがない(笑)。今分かっているらしいのは、耳(大好き)、頭、鼻、歯、口、目、膝小僧(大好き)、おへそ(大好き)、手、足。ただし、目と耳は、まだ時々間違う様子。「おめめ」と「おみみ」の音が似ているのかな。今、教えているのは、おでこ、ほっぺた、あご、おなか、のど、くび、あたり。

生活の中のもの:あまりまだ、知らないかもしれない。暖炉、椅子、トイレ(笑)、孫の手(これもトイレに置いてある)、神様(神棚を置いてあるので、それを神様と呼んで、寝る前にバイバイしている)、コンピュータ、電話(超大好き)、眼鏡、時計。

身の回りのもの:帽子(頭を叩いてみせてくれる)、靴、靴下、おむつ。

音楽:今、あげようとしたら、あまりにも沢山の曲を知っていると思われるので(特に日本語)、改めて驚いた。とても書ききれない。子供と音楽の関係は、ものすごく大切だと思う。クラシックを聴かせようとか、いろいろ言うけど、うちは殆ど童謡が多いかな。それにプラスして、自分たちの好きな曲。アロハは何でも楽しんで聞いているようだけど、童謡はやっぱり、憶えやすくて、自分で「参加」できるところがいいと思う。

"Row Row Row your boat"(歌うと、手を差し伸べて、ぎったんばっこんしようという)、 "Five little monkey "(これは一種の数え歌で、サルがベッドで跳ねて、落ち、頭をうち、お医者さんに怒られる歌。頭を打つ、ということで、頭を自分でぽんぽん叩く)、 "Moe Moe Pepi"(マオリ語の歌で、おやすみベビー。これを歌うと、持っている人形をゆらゆらして、いいこいいこする)、 "Old McDonald Had a Farm"(とにかくノリノリ)、 "Incy Wincy Spider"(親指と人差し指で三角形のようなものを作る)、 "Huri Huri"(マオリ語で "回る”という意味。歌うとクルクル回ってみせる)、 "Round and round the garden.... "(くすぐりごっこ。歌い始めると、期待したような緊張状態になる)、「一本橋こちょこちょ」(前に同じ)、「象さん」(手を振る)、「キラキラ星」(手をひらひらする)、「大きな太鼓」(自分で膝を叩く)、「インディアンが通る」(手を口に持って行ってアホホホホホ、とする)、「アイアイ」(歌が流れると、アイアイの絵の出てくる本を探す)、「てるてる坊主」(実際にてるてる坊主を下げているところを指差す)……。

その他:花(手を開く)、水(飲む振りをする)、ごちそうさまでした(手を合わせる)、終わり(片手でもう一方の手を叩く)、もっと(右手をグーにして、左手をパーにして、パンパン合わせる)、「ビイドロを吹く女」(……の絵が描いてある暖簾がトイレの前にかかっている。ので、「ビイドロを吹く女」というと、口元に手を持って行って「プー」と吹く真似をしてくれる。笑える)、アロハ(プレートのあるところを指差す)、ボール、ふわふわ(シープスキンなどの柔らかいものに顔を埋める)、ゆらゆら(お風呂場で体を浮かせる)、ムービータイム( DVDを見る)、ベイビーアインシュタイン( DVD)、おでかけ、おっぱい飲む(口を鳴らしながら近づいてくる)、お薬(口に指を入れてスポイトを示し、いや〜な顔をする)、ご本を読む(絵本のところに近づいてくる)、こっちおいで(意味は分かっていても、来るとは限らない)、ママピーピーね(私がトイレに行くという意味。一緒にくっついてくる)、おやすみなさい、おねんね、ばいばい、だめだめ(『ノンタン、ぶらんこのせて』で学んだらしい。首を振る。魔の2歳児になったら、これを連発しそうで怖い)……

IMG_5584.jpg

★何と言っても、実物を見せるのが、一番記憶に残るもの。カモメは何回かパンをあげに行って鳴き声などもすっかり憶えた。今は「アー、アー」と鳴きまねをしてくれる。このときは、私がパンを撒いていて、アロハが「自分にもくれ」と手を出して来たので、アロハもパンをあげたいのねえ、と思って渡したら、ぱくぱく食べちゃった。自分も食べたい、とずっと思っていたのだろうか。
posted by うずめ at 19:50| Comment(4) | TrackBack(2) | 1歳児日記(満14ヶ月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 すごい。どんどん賢くなるね。かわえぇ。目の前でお馬さんのまねとかしてくれたら、悶え死にしそう。しかし、カカポ知ってる1歳児って(笑)。
Posted by hiro at 2006年09月13日 23:14
 先日は、急にお電話、失礼致しました。 ビックリしました? しかも、めったに使わない携帯だったとか? 僕も今流行のブログっつう奴をOPENしてみました。 まだまだ不慣れなことばかりですが、たまにはみてやって下さい。
 では、また!
http://proteus.cocolog-nifty.com
Posted by タンポポ at 2006年09月23日 10:36
>hiroさん

 超亀レスですいません。そそ、いろいろな動物の真似をしてくれるんだけど、微妙に違っているところが可愛いかも。カカポもキウイもハリネズミも知ってるぞ〜(笑)。
Posted by うずめ at 2006年09月25日 18:05
>タンポポさん

 いや〜、ほんと、びっくりしましたよ(笑)。でも、嬉しかったなあ、久しぶりに声を聞けて。ありがとね。ブログ、遊びに行きましたよ〜。世界を飛び回っているんだね! また楽しい(?)仕事の様子、読ませてもらいますね。
Posted by うずめ at 2006年09月25日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23409000

この記事へのトラックバック


Excerpt: マオリ語マオリ語(Te Reo M?ori)は、ニュージーランドに住んでいるマオリ|マオリ族の言語で、ポリネシア諸語のひとつ。ニュージーランドの公用語の一つであり、小学校では必修とされる。.wikil..
Weblog: ニュージーランドに夢中☆
Tracked: 2007-10-12 14:33


Excerpt: マオリ語マオリ語(Te Reo M?ori)は、ニュージーランドに住んでいるマオリ|マオリ族の言語で、ポリネシア諸語のひとつ。ニュージーランドの公用語の一つであり、小学校では必修とされる。.wikil..
Weblog: ニュージーランドに夢中☆
Tracked: 2008-02-27 19:25