2013年06月21日

カイコウラ3

 ニュージーランドに来て、ひとつ思ったのが「海の匂いがしない!」ということ。どこにいっても、全然、匂いがしないので、きれいなんだけどものすごく物足りない感があるのです。

 しかし、カイコウラでは、結構しますよ! きっと、海辺に打ち上げられている海草の量が多いとか、生き物の数が多いことが原因なんでしょうね。カイコウラの海も、日本の海も、豊かです。

 あと、カイコウラは、私がニュージーランドで唯一「なんか日本みたい!……」と思うところ。海の真横を道路と電車が走っていて、道が細くて、くねくねしていて……。来る度に「大学時代に毎週通っていた根府川(神奈川県)辺りを思い出すなあ」と思うのです。私、実はスキューバダイビング部に属していたので、毎週「海練」で根府川に行っていたのです。懐かしいんだなあ……。今はどうなってるかなあ?

 そんなカイコウラですが、海の豊かさ、もうちょっと、ご紹介しますね。

IMG_3343.jpeg

★うっとり……。揺れる波に朝日が射して、きれい……。ちょっと酔いそうだったけど、どんなに気分が悪くなろうとも、海には出る価値がある!


IMG_3414.jpeg

★アホウドリも多種、飛んでいた。これはBuller's Mollymawkという小型のアホウドリ。眉のところにアイシャドウのような黒みがあるのが特徴の美しいアホウドリ。釣り船などが、処理した魚の頭や内蔵等を捨てるのを狙って、船の周りを必ずチェックしに来る。


SpermWhale.png

★カイコウラ名物といえば、ホエールウォッチング。特に、このマッコウクジラは、近海に1年中いるので、観光の対象となっている。海面に水平に浮かんで、しばし呼吸を整えてから、海に潜る。次に上がってくるのは、40分後かもしれない……。


HumpbackWhale.png

★こちらは、頭がちょっとぼこぼこしているのがお分かりだろうか? ザトウクジラである。夏の間に南極で食べ物を獲り、氷で閉ざされる前に、赤道近くに戻ってくる。ニュージーランドは回遊ルートになっていて、ちょうど見られたというわけだ。これは小型のザトウクジラだった。何度も同じところを潜っていたから、そこに魚がいたのだろう。


IMG_3198.jpg

★カイコウラ、というのはマオリ語でカイ=食べ物、コウラ=エビ、の意味で、ニュージーランドイセエビの名産地として知られている。


IMG_3521.jpeg IMG_3519.jpeg

★イセエビ、刺身と味噌汁でいただきました!


IMG_3376.jpg

★地元民は絶対に手を出さない、ナマコもゲット!


IMG_3518.jpeg

★ポン酢できれいに作っていただきました、ナマコ! 美味しかった! 美味しかったよ! だけど……き、きっと、一人だったら、食べられませんでした(汗)。なんか、不安になっちゃうでしょ、あの生き物。これ、本当に食べていいの、とか。この種類で本当に大丈夫なの、とか。自分で処理したことなかったし。ナマコはもちろん、アワビの肝とか、魚の頭くらいでも、コチラの人はとにかく「毛嫌い」というか、人間の食べるものとは全く認知されていない。なので、そういうものをササッと調理して見せたりすると、「凄い!」と尊敬されるか(海産物の好きな人から)、「この子はなんて突拍子もないことができるんだろう」と目を丸くされるか(一般人から)、「変態」(海産物の嫌いな人から)などの反応を得られ、いずれにしてもインパクトを与えられること、間違い無しである。ここにナマコが加わったら………。ふふふ。私もワンランクアップの凄腕、あるいは変態さんになれる。つ、次は、ひとりで拾って調理するぞ〜!
posted by うずめ at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナマコ大好き。変人大いに結構。NZ行きたいなぁ・・・。
Posted by はたぴぃ at 2013年06月22日 00:31
>はたぴぃさま。

 おお! 変人仲間(^^)
 ニュージーランドで食べれば、猛者ですよ〜(笑)

 また是非、いつでも遊びに来てね!
Posted by うずめ at 2013年06月22日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367108193

この記事へのトラックバック