2013年07月26日

更年期障害1

 最近、ものすごく疲れて、疲れて、しょうがない時がある。
 
 原因はストレスか、疲労の蓄積か、運動不足か、などとあれかなこれかなと考えていたんだけど、昨日の夜、私は、これが噂の(!?)更年期障害というやつだろう、という結論に至った。

 ちぇ。なんとなく、たいしたことなく過ぎるように思っていたけど、やっぱり結構キツいものだなあ。どういう感じかというと、ちょっと数時間外出したりして、自宅に戻ると、もう、倒れ込みたくなるくらいに疲れているのである。ホント、綿のように疲れるというじゃないですか。あれ。

 ただ、この疲れが、ときどき「ふう〜っ」と軽くなることもあるのだ。本当に、「あれ、大丈夫じゃない」とびっくりするくらいに。何をしたというわけでもないのに。

 その軽くなり方から、「これはホルモン系の疲れ?」という結論に達したのである。

 あと、過食というのもあるのだな。特に夜になるとめちゃくちゃ口寂しくて、ものすごくいろいろなものを食べてしまう。これもストレスかな(それも原因かと思うが)と思っていたが、関係あるのかな?

 症状を調べて見ると、喉のつかえ、口の渇き、頭痛なども当てはまるように思う。

 とにかく、明らかに、昨年とは体調が異なるので、これは対処しなくてはならない! 

 そこで、まずは食生活から見直しをすることにしてみた。今日から、「大豆」をもっと摂るようにする。洋風の食生活を続けているので、日本人としては極端に大豆摂取の少ない私。味噌汁、豆腐、納豆、大豆料理などを日々取り入れるようにしていこう。

 それから、砂糖と肉のカット。私は料理好きで、最近も美味しいケーキやクッキーのレシピなどを開発して自分も家族も楽しんでいたのだが、やはり摂取が多すぎると思われるので、カット。またドイツ人の夫に合わせてものすごい量の肉を消費していたのだが、これも(私だけ)カット。とりあえず、夫には、「更年期障害だから私の食事は変えるから」と宣言。こうしておかないと、いろいろ面倒だからね。

 また、乳製品のカット。私が摂る乳製品のほとんどは、紅茶に入れるミルク。なので、この期に紅茶も減らしてみよう。

 だからといって、我慢ばっかりのダイエットでは全くないのであるが、意識を変えると気分も良くなると思うので、とりあえず挑戦して様子を見てみます。こうやってブログにも書いたので、3日で挫折ということもあるまい。3週間くらいは続くだろう……少なくとも(笑)。

 ちなみに今日は、炒め野菜の味噌汁(にんじん、たまねぎ、じゃがいも、だいこん、お麩)、冷凍のフライ魚をオーブンで焼いたもの、サーモンをオーブンで焼いたもの、キャベツと人参の蒸し炒め、ご飯。

 おやつは冷凍みかん、ひまわりの種、りんご、干しアンズ。

 お、健康的なんじゃない? 

 あとは運動だな。少しはしないとね。天気の良い日が続きそうだし、頑張ってみよう、うん。

 更年期障害にもし詳しい方がいらしたら、どうぞアドバイスお願いします! 
posted by うずめ at 20:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 8歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そちらのドクターは、ホルモン補充療法はしないの? 最近の日本では結構増えてきているよ。喫煙者はダメなんだけど(がん罹患率が跳ね上がる)、うずめさんは問題ないものね。

いろいろ本が出ているので、そちらで買えるようならいくつか読んでみてはいかがでしょう。

わたしは父が亡くなったストレスで生理がなくなりかけちゃった+母の閉経が比較的早かったと聞いたので、もしやわたしも、と思って、最近ウワサのホルモン補充療法の病院に行ってみたのね。結論として更年期ではなくて、従ってホルモン補充療法も受ける必要なしで、生理を安定させるためのピルを処方されて終わりだったんだけど、まわりの方々はみなさん少し目上で、ホルモン補充療法を受けてたよ。薬で体を安定させることに抵抗がないのなら、検討してみてはいかがでしょう?
Posted by はたぴぃ at 2013年07月26日 22:54
>はたぴぃさま、

 HRT、確かにニュージーランドでは普通なようだけど、私が今困っているのは、50代くらいで「目標にしたい」お姉様(!)が身近にいないことなのよね。誰か、ホルモン療法受けていたら話も聞いてみたいし、受けてなかったらどんなことをしているのか聞いてみたいし。

 でも、日本ではほとんど広がっていない療法だから、もしかしたら日本人に会わないのかしら、とかイロイロ考えてて……。日本でも普通になってきているのかな。大豆イソフラボンでなんとかならないものなのかしら? 

 このまま、体がダルくてしょうがないようだったら、お医者さんに相談してみることも考えてみるね。まずは、リサーチしつつ、生活習慣を見直して、変化があるかどうか、見てみるね! どうもありがとう!
Posted by うずめ at 2013年07月27日 17:23
「野末悦子」「更年期」で検索かけてみたら、日本人を対象にしたホルモン補充療法の情報がいろいろ出てくるかも。わたしはこの方のところに通っています(ピルの処方は続いているので)。うずめさんの求める情報に出会えますように。
Posted by はたぴぃ at 2013年07月27日 18:01
私もここ数年更年期症状が出ていまして、ローズの香りがホルモンバランスをよくすると聞いて、ローズウォーターをちょこちょこスプレーして嗅ぐようにしています。乳製品と炭水化物を控えめにして、野菜ジュースを飲むとだるさがなくなります。それと自彊術というストレッチがとてもいいです。人それぞれ何が効くかは違うと思いますが。。早く体調がよくなるといいですね^^
Posted by ちいた at 2013年07月27日 19:20
>はたぴぃさま、

 おお〜! 情報がいっぱい出てますね〜。
 体験から治療をしてくださるところも良さそう。
 じっくり読んでみますね。どうもありがとう!
Posted by うずめ at 2013年07月28日 18:01
>ちいたさん

 いろいろな治療法があるんですね! バラの香りがいいんだ……。うちにも数本あって、いい匂いのものなので、大事にしなくっちゃ! 

 自彊術、けっこう前からなさってますよね? 私、ヨガにしても、自彊術にしても、「ちょっと静か過ぎ……」と思っていたんですが、ここに来て俄然、興味がわいてきました(笑)。やはり、できることから続けないとね。ただ、時間がとれるかなあ……。またいろいろ教えてくださいませ。

 食事の方は、肉と砂糖を減らしてみたら、なんとなく体がすでに調子がいいような……(←プラシーボ効果かも)。大豆の水煮も作って、薬にしては美味しい、と、食べています。やはり、たらたら過ごすのと、意識して過ごすのは違うと思うので、これからは体のこともまじめに考えていこうと思います。情報交換しましょうね!
Posted by うずめ at 2013年07月28日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370335763

この記事へのトラックバック