2009年05月16日

キング・ウィンター

 一気に寒くなってきた。アロハの幼稚園では、季節の変化をとても大切にしていて、季節を象徴する存在があるらしい。冬は、「冬の王様」キング・ウィンターが到来するとのことなので、ニードルフェルトで作ってみた。

IMG_2839.jpg IMG_2845.jpg

 作っているところは、アロハには見せていないし、完成品もまだ冬が来ていないので見せていない。が、雪のケープのところだけは一緒に作った。これまで、ニードルフェルトの針はとても鋭いので触らせていなかったが、考えてみれば、左手をよけていれば針を刺すこともないだろうということで、一緒にやってみた。これまで見るだけだったのが、自分もできるというので大喜び。ニードルフェルトの道具は前から興味あったものねえ……。

IMG_2833.jpg IMG_2835.jpg

 さらに、次の日は、「自分でやる」と、いろいろな色のフェルトで遊んだ。針をセットするところや、しまうところも、自分で全部できた。慎重な性格なので、ちゃんと見ていれば、怪我もすることはあるまい。怪我したって、血が出るくらいだろうし。片付けが一番大切だ。

 IMG_2853.jpg IMG_2854.jpg

 さらに次の日も、「もっと欲しいの」と、違う色を付けたし。それをくっつけて、冠ができました。「私の好きな色ばっかり!」と大喜び。次の日も、また他の作品を作った。「こんな風にしたら?」とか、いろいろ口出ししたくなる気持ちを抑えて、好きなようにやらせる。色を自分で触って、混ぜて違う色を作って、形まで作れるんだから、面白いよね! 何かを作る、というのではなく、好きなように遊ばせてあげたいと思う。

IMG_2861.jpg IMG_2865.jpg


posted by うずめ at 18:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

秋も終わり

 昨日の夜は雪が降った。今年の秋はとっても穏やかで暖かくて、毎日とても楽しんでいたんだけど、急に寒くなった。木の枝に残っている葉も少なくなってきた。

 アロハは幼稚園で季節のお話や歌を沢山聞いているので、黄葉している木などを見ると、"Look at the Autumn color!" と大騒ぎ(そう、最近は英語が多いのである)。そして、「枝に葉っぱが少なくなってきた」などと、かなり正確な表現をするようになってきた。前に読んだ本で、4歳までにほぼ母国語はマスターすると言っていたが、その通りだなあと思う。英語は話すのも聞くのもまだまだだが、幼稚園に行きだしてから、遊びは英語でしたがるようになってきている。対応に少々悩むところである……。

 秋休みは4月半ばから終わりにかけて、2週間ほどあったのだが、その前にAutumn Festivalというのが幼稚園であり、父母も参加した。普段と違い、11時に集まって、サークルを作った(子供も親も先生も一緒に手をつないで円を作った)。そこで、いつも歌っているという歌を歌ってくれたのだが、20分くらい、切れ目なく歌うので、びっくりした。聞いてみると、いつも同じ順番で、同じ歌を歌っているらしい。そのうちのいくつかは、アロハが前から家で歌っていたのでちょっと知っていたが、知らないものも多かった。こんな風に集中的に歌っていたとは知らなかったので、興味深かった。

 それから、モーニングティ/ランチをとり、子供達はみんなで集めた落ち葉を使った「秋の冠」をかぶり、マリゴールドとタマネギで染めた「秋のケープ」をする。その格好のまま、今度は小学校に移動して、生徒たちの歌や楽器演奏、パフォーマンスを見る。アロハは仲良しのお姉ちゃん、ミランダちゃんと一緒に、なんと最前列に座った。パパもママもいたけど、一緒にいなくても、もう平気なのだ。成長したねえ。

 IMG_2555.jpg

☆秋、日の出が遅くなって来て、この時期は朝焼けを良く見ることができる。昨年はばあばも一緒に見たなあ……。

IMG_2576.jpg

☆オータム・フェスティバルの日は、風が強かった。秋らしいね。

IMG_2606.jpg

☆オータム・クラウンとオータム・ケープ。

IMG_2644.jpg

☆落ち葉かき。ものすごく大量の落ち葉で、お家ごっこ。

IMG_2656.jpg

☆わあい……と投げて遊ぶ。

IMG_2676.jpg

☆最近大好きなのが、木登り。するするとは行かないけど、毎日幼稚園とかで登っている。車に乗っていても「あれは木登りにいい木だねえ」とチェックを入れている。

IMG_2702.jpg

☆おまけ。フェアリーパーティに呼ばれたので、冠をフェルトで作った。でも、羽がないよ〜……ということで、パーティに行く直前、針金ハンガーを無理矢理くっつけて、紙を貼って羽にした。3ドルくらいで羽だけ買えるんだけどねえ……。こんなので悪いねえ、と思うが、それでも本人は結構喜んでくれた。





posted by うずめ at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

こどもの日

 子供の日でした……が、こちらではもちろん、日本人以外は知らないイベントなのである。それでも、毎週木曜日に開かれている日本語クラスでお話と歌があり、2月に1回開かれている日本人家族の集まりでお話と歌があり、こいのぼりも見せてもらったし、ぬり絵や工作もしたし……で、アロハは親しみを持っているようだ。

 昨日は子供の日当日だったんだけど、忙しくて特別なものを何も用意していなかったので、晩ご飯を「だんごご飯」にした。白玉団子を茹でて、抹茶味、きなこ味、磯辺味、ごま味と選べるようにする……という超簡単なものだけど、ま、日本ということで。ていうか、団子でいいのか、晩ご飯を!? でも、団子は滅多に作らないので、アロハは大喜び。久しぶりに作ったから美味しかった、団子。もっとおやつに取り入れるようにしよう。

 久しぶりに、ビデオをアップロードしてみたい。見られるかなあ?

 ひとつは、「せいくらべ」のおうた(団子食ってます)。もうひとつは「こいのぼり」のおうただ。




posted by うずめ at 20:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

アートワークス

 今年に入ってから、私の仕事の方に切れ目がなかなかなくて、ブログも滞りがちである。いろいろ節目になることがあるんだけど。面白い言葉とか、言動とか。3歳時、面白いなあ、と思っていたら、もうすぐ4歳になっちゃう。あまり早く成長しないで〜。

 面白いものの中に、「絵」がある。子供の絵って、本当に面白い。どうしてこうなるの?というようなものがいっぱい出てくる。それに、とにかくお絵描きが大好きだ。私は子供の頃に、こんなに絵を描いた覚えがないなあ。ま、楽しんでいるようだし、ひとりで書いていると親もゆっくりできるので(笑)、ありがたいのである。

 もっとも、友達と一緒のときには、あまり集中できないらしく、細かい絵はまず描かない。殴り書きの虹、みたいなものしか描かない。疲れているときも、描かない。アーチスト、体調と環境が重要なようである。

 では、アロハ画伯の新作をご覧ください。

IMG_1919.jpg

☆ドイツのおばあちゃん(オーマ)の誕生日カードに書いた、ハリネズミ。だけど、あれれ、ハリが逃げちゃった……。

IMG_2475_2.jpg

IMG_2459_2.jpg

IMG_2474.jpg

☆ネイチャーシリーズ。上からまつぼっくりちゃん、葉っぱちゃん、葉っぱの帽子とどんぐりの目ちゃん。あまり楽しんでいないようでも、子供の心にはしっかりと残るものがあるらしい。まつぼっくりの絵は、暖炉で燃やすまつぼっくりを拾いに行った(とても帰りたがっていた)後に、家で描いた。葉っぱは、家の庭仕事等(私たちが仕事をしている間、つまらなそうにしていた)の後に描いた。拾って来た葉っぱやどんぐりで絵を描くことが多いんだけど、それを紙の上でもやり始めたのが、葉っぱの帽子とどんぐりの目ちゃん。

IMG_2467.jpg

IMG_2450.jpg

IMG_2451_2.jpg

☆ぬり絵にインスピレーションを得たシリーズ。お友達の家で、ぬり絵をさせてもらった。あまりぬり絵はあげていないので、とても楽しかったらしい(お友達も一緒だし)。上の左のぬり絵がそれなのだが、ご覧の通り、線も関係なく、自分で色を区切って塗っている。家に帰ってからも、「ぬり絵したい」と自分でぬり絵を描いた。輪郭を描いて、色を塗ったんだけど……見て私はどひゃ〜と思いましたよ。左の子が、右の子みたいに見えているんだろうか、この子には(笑)。冠は確かにかぶっているけどね。素晴らしい(笑)。その後、続けて描いたのが、下の2枚。ピノキオちゃんと、ウサギちゃん(どちらも、バレリーナみたいに手を上にあげてます)。色づかいがシュールで、私のお気に入り。

IMG_2457_2.jpg

☆どどーんちゃん……と私が命名。思いっきり顔がでかい。最近、サインができるようになったので、名前もはいっています。

IMG_2477.jpg

☆これはロボットちゃん、だそうだ。ディテールが凝ってます。

IMG_2458_2.jpg

☆海と道。水平線(地面)のようなものを描くのは、もう少しあと、と本で読んだけど、アロハはすでにその意識はあるようだ。これも確か、ビーチに行った翌日かなんかに描いていた。体験が大事だ、と感じる。

IMG_2469.jpg

☆ウサギちゃん・バレリーナと、バースデイケーキ。一番好きなテーマ。何度も描いている。バレリーナは手を上げて踊っていて、チュチュも着ている。バースデイケーキは、これは特大でずいぶん沢山ロウソクが立ってます。

IMG_2455.jpg

☆木と家と太陽。木を一本描いたのはたぶん初めてだと思う。確か、精神分析の手法で、木を描かせてその心理を分析するものがあったけど、こういうのはどうなのかしら? 幹がしっかりしているのはいいんだけど、ちょっとかっちりしすぎた感じの木だなあ。これは几帳面な正確を表しているのかも。これからも、また木の絵は変わって行くと思うので、記録としてアップ。

IMG_2478_2.jpg

☆パンダちゃん。何も見ないで描こうとして、うまくいかなかったので、可愛がっているパンダちゃんを横にして描き直していた。この後に「できなかった」と言って、もう一枚、2頭、ちゃんとしたパンダちゃんのいる絵を描いていた。結構、ものを見て、真似して描くのは上手のようだ。教えたわけじゃないんだけどねえ。私の持っている本には「子供に物を見て描くことを教えるのは、もっと大きくなってから」というようなことを書いてあるんだけど、本人が始めちゃったんだから、仕方ないか、と思っている。

IMG_2483.jpg

☆子供の絵で一番楽しいのは、絵の中にお話が詰まっているもの。これもそうかな。雨の日で(黒雲が出ている)、レインジャケットを着て、テレビを見ている。テレビの中では、お馬さんが走っている……というもの。うちはテレビは殆ど見なくて、「雨の日ね」と言っているので、こうした絵を描いたのであろう。

IMG_2489.jpg

☆お友達の誕生日祝いでフェルトバッグを作った(私が)。その横で、誕生日カード(ケーキ)とカエルちゃんの顔を描きました。

IMG_1920.jpg

IMG_1980.jpg

IMG_2349.jpg

IMG_2355.jpg

☆絵の素材はいろいろだ。上からボタンのちょうちょ、ビー玉のおねえちゃん、石のウサギバレリーナ。ひとりでもくもくとやっているから、何をしてるのかと思うと、お絵描きである。遊びも上手になってきた。

IMG_2204.jpg

☆次は何を描こうかな〜。画伯、きょうも絶好調です。



posted by うずめ at 19:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

幼稚園、入園!

 今日は、アロハの幼稚園の初日だった。この3年と8ヶ月あまり、託児所もベビーシッターもなしで過ごしてきたアロハと私たち。父親とも母親とも離れて、ひとりになるのははじめてなのだ。

 大体が内気であって(内弁慶ともいう)、大人の人とはお話もなかなかできないし、他の子たちが一緒に仲良くしていても、いつもママのそばから離れない子である。きっとものすごく泣くだろうが、そこは心を鬼にして戻ってこよう……と思っていたのだ。

 ところが! ふたを開けてみたら、全然違う結果に。

 パパママ同伴で、最初に幼稚園と小学校のクラス全員が集まって『白雪姫』の人形劇を見る。この時にすでに、いつもと違うアロハ。普段だったら、ママかパパの隣、あるいは膝の上でなければ絶対にいられないのに、今日は他のお友達と一緒に子どもの席へ。人形劇は真剣に見る(『白雪姫』はお気に入りのお話のひとつ)。

 それから、「幼稚園の子供達は、レニー先生の後について、あちらのドアから行ってください」と案内があり、絶対に「ママ……」とママの手を引きにくるだろうと思っていたら、さにあらず。私たちの方を見もせずに、ひとりでどんどんいっちゃった。他のお友達はの多くはパパママと手をつないでいるのに、である。

 あれあれ、と思いながら後をついていくと、普段仲の良いお友達といつの間にか手をつないで、スキップやジャンプをしながら幼稚園へ向かっている! あらら〜。喜んでいるわけね?

 で、ずんずんと、これまた後ろも振り返らずにクラスルームに入り(プレイグループなどで来ているので、場所は良く知っている)、みんなが何かしているけど、どうしているのかなあ、などと思いながら見ていると、自分でバックパックを開けて、ルームシューズを取り出して、ちゃんとひとりで履いている! これもまた、他の子はお母さんやお父さんが手伝ってあげたりしているのに、アロハはドアの外を見ることもなく、である。

 そしてさっさとテーブルについて、お絵描きをはじめている! もう、私たちの出番はない、ということだ。そこで、私とウルフは教室に入って行って、「じゃあ、ママたち、帰るけど、お昼ご飯のあとに迎えにくるからね」とキスをする。アロハは、うん、うんとうなづくだけで、ろくに見もしない。

 私以上に最悪のケースを予想していたらしいウルフは、ちゃんとひとりで何でもできているアロハを見て、目がうるうるしている。私はというと、目がうるうるということはないが、やった、さすが娘……と大変誇りに思う。

 迎えに行ったときも、車に乗り込みながら、「幼稚園、楽しかった……」と。何が楽しかったの、とあとで聞くと「全部楽しかった」とのこと。そして「パパやママが迎えにきてなくても、幼稚園が楽しいからいい」とまで……。あの、服の裾を握って離さなかった昨日までの君はどこへ? 

 でもとにかく、新しい生活、新しいアロハに乾杯! の初日であった。

IMG_1855.jpg

☆朝、幼稚園へ向かう。手にしているのは、ドイツで、小学校に入学する子が必ずもらう「シュールトゥーテ」(学校の袋)ならぬ、「キンガーガーデントゥーテ」。三角形の袋の仲に、文房具やお菓子が入っている。アロハはドイツでシュールトゥーテの本を読んで以来、ずっとずっとほしがっていたので、幼稚園版を作ってあげた。朝見つけて喜んで、抱いて踊って、「シュールトゥーテも踊ってるよ」「紫の影だよ(セロファンの影ができる)」と喜んだ。学校にも持って行ったが、中には入れず、車の中に残しておいた。

ND2_4355_b.jpg

☆幼稚園と小学校の生徒全員が集まって、『白雪姫』を見る。そのあと、7人の小学校新入生を迎えるRose Ceremonyがあり、ひとりひとりにバラが手渡された。

IMG_1857.jpg

☆行事が終わり、お友達と手をつないで、スキップしながら教室に向かうアロハ。

ND2_4363.jpg

☆幼稚園終了後、校門の前でシュールトゥーテを持って、記念撮影。ちなみに、アロハの行くのは、ダニーデン・ルドルフ・シュタイナー・スクール&キンダーガーデン。シュタイナーコミュニティーに、とうとう正式参入である!

IMG_1862.jpg

☆家に帰って、シュールトゥーテを開ける。中には絵の具と筆、折り紙、シール、そしてお菓子が入っていた。シュールトゥーテ自体は、あまり上手にできなかったんだけど、でもデコレーションも一応した(人魚や海藻など)。人魚の銀紙の凹凸を撫でながら「ママが作ったの? どうやって作ったの?」と聞かれた。本のまねで作ったのよ〜、オリジナリティがなくてごめん、とは言わなかったけど、喜んでくれて、寝るときも「シュールトゥーテと一緒に寝る!」と言ってくれたので、母親としては嬉しいのである。ちょっと甘やかせすぎ? かもしれないが、幼稚園の初日を少しでも楽しんでほしいと思ったのだ。心配無用だったのかもしれないけど。
posted by うずめ at 18:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

われは海の子

 みなさま、た〜いへん、ご無沙汰してしまいました(またもや……)。
 休みのはずが、仕事に追われたここ1ヶ月……お仕事いただけて、ありがたいことでありますが、プライベートのことが全然できず。

 しかし! 幸い、近くには海がありました。朝から昼過ぎまでDVDに子守りをさせ、午後4時くらいに仕事を終えて「さあ、海に行こうか〜!」と車で5分くらいのビーチに行って埋め合わせ……ということもしばしば。お仕事は大切ですからね。

 さて、3歳7ヶ月になり、明日からは幼稚園に行くことになっているアロハ。内気でママにしがみつきっぱなし、とろとろしていることはまだあるんだけど、それでもだんだんとたくましくなってきました! 特に海では、ごつごつした岩場を歩いたり、砂丘に登ったり、遠くまで海岸を散歩したりと、今まではできなかったことがどんどん出来てきて、嬉しい限り。波のあるところは好きじゃないようだけど、静かな入り江だったら水につかるのも大好きで、貝をとったり、海藻を集めたりも大得意。もっともっと、海の子になあれ。

IMG_1198_2.jpg

☆海と言えば、砂遊び! バケツに水を入れてきて、そこに砂を入れ、手ですくってぽたぽた落として形を作る遊びが得意(パパに習いました)。

IMG_1211_2.jpg

IMG_1210_2.jpg

☆砂丘登り。昔はひとりじゃ絶対しなかったけど、プレイセンターの子供達と一緒に行った時に、他の子がみんなどんどん登るのを見てチャレンジ。今ではすっかり、大好きな遊びに。


IMG_1635_2.jpg

IMG_1640_2.jpg

IMG_1645_2.jpg

☆家から20分くらい離れたところにあるプラカヌイ湾。コックル貝がもう、足の下にぎっしり! 貝の上を裸足で歩いたり、水にびっちゃり濡れながら掘り出したり、海藻(シーレタス)を晩ご飯用に集めたり。行くたびに発見のある場所で、この間はヒラメの赤ちゃんを初めて見た。

IMG_1657_2.jpg

IMG_1662_2.jpg

☆お友達と海に行くのが、やっぱり一番たのしい。砂に埋まったり、岩場を探検したり(おっとっと)。

IMG_1742.jpg

☆脚力もだいぶついてきて、ずいぶん遠くまで歩けるようになってきた。でも、パパと一緒のときには、帰りは「抱っこ〜」になってしまうことも(ママは抱っこしません、もう重いから)。

IMG_1772.jpg

☆引き潮のときは、普段行けない洞窟にも歩いていける。歩きながら、「お姫様とお妃様ごっこ」を強いられる私。「お妃様、貝をとりなさい」と、お姫様のおいいつけ。この洞窟は、特別のお姫様のお部屋。



posted by うずめ at 19:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

初グライダー!

 みなさん、お久しぶりでございます〜。
 
 最後にブログをアップしたのがスイスから。その後、しばらく日本に戻っておりまして、2週間ほど前にニュージーランドへ戻って参りました。その間、コメントをいただいていたりしたのに、レスもせずに失礼しました! また復活いたしますので、これからよろしくお願いします。

 さて、4ヶ月もニュージーランドを離れていたので、こちらの生活に慣れるまでちょっと大変……なんて思う間もなく、今週末はキャンプだ〜! しかも、グライダー初体験のおまけつき(というか、こっちが目的)。

 そもそもは、夫のウルフが「50歳の誕生日にグライダーに乗りたい」と言ったのが発端。去る3月のことであります。で、私がオマラマのグライダー会社のギフトチケットを買って、プレゼントしたら……な、なんと、「その会社じゃなくって、他の会社の伝説的なグライダーパイロットと乗りたい」とのたまう。ええ〜。ところが、ワタクシの買った会社は、「もう払い戻ししない」とのこと。仕方なく、もう一度、他の会社のチケットを買い直し、払い戻しできなかった分は、私が乗ることになったのです。

 夫婦揃って、グライダー初体験だ〜! と、ダニーデンから北西に2時間半ほど行ったところにある、世界的なグライダーのメッカ、オマラマに行って参りました。あとはお写真でどうぞ……。

ND2_4163.jpg

☆オマラマは世界チャンピオンシップも開かれるほどのグライダーのメッカ。澄んだ空、複雑な地形、そして背後のニュージーランドアルプスが、この特別な場所を生み出している。


ND2_4182.jpg

☆ウルフのヒーローであり、ニュージーランドの伝説的グライダーパイロット、ギャビン・ウィルスさんと。普段はグライダーのコーチをしていることが多く、こうした体験グライダーをすることはあまりないのだが、特別にお願いした。


ND2_4178.jpg

☆パパ、大丈夫〜?


ND2_4171.jpg

☆グライダーって、つるつるしてる〜。


ND2_4191.jpg

☆ちょっと乗っちゃえ〜(いけません)。


ND2_4200.jpg

☆グライダーにはエンジンがついていないので、ある程度の高さまで、プロペラ機に引っ張ってもらう。グライダーはとっても軽いから、地上で引っ張ってもらうだけで、プロペラ機よりも先に浮かび上がってしまう。


IMG_0903.jpg

☆パパの見た景色はこんなの。途中ちょっと気持ち悪くなったけど、でも30分延長してもらって、8000フィートのところまでくるくる回って上がり、雪山を見たよ。雪山は、パパが若いころに登った山だって。


ND2_4269.jpg

☆今度は私で〜す。パラシュートをつけてます。

ND2_4275.jpg

☆打ち合わせは簡単。パイロットさんが操縦してくれるからね。

IMG_1007.jpg

☆これは私が見た景色。雪山までは行けませんでした。農場が丸いパターンなのは、水蒔きの機械がコンパスみたいにぐるぐる丸く回るかららしい。遠くにオハウ湖、テカポ湖が見える。高度は6500フィートくらいまであがったかな。私も、しっかり酔いました。くるくる回りながら上昇気流をつかまえる時は、ヒマラヤを渡るアネハヅルを思いました。

 キャンプの続きのお話は、また次回……。


















 
posted by うずめ at 19:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ローラちゃん

 北ドイツより、こんにちは! スイスを出て、今はウルフの故郷の北ドイツにいます。ウルフの両親の家など、いろいろなところに滞在しているのですが、アロハにとって何より楽しいのは、南ドイツから来ている従姉妹のラウラちゃん(9歳)と遊ぶこと! 一緒に「アイスクリーム屋さんごっこ」をしたり、お絵描きをしたり、お散歩をしたり、本を読んでもらったり。おかげでドイツ語も真似して言うようになってきました。「ラウラ、カモン!」と偉そうに手を引っ張って遊びたがります。ラウラちゃん、とっても忍耐強く遊んでくれて、ありがとう〜!

IMG_6047b.jpg

☆ラウラちゃんの家は南ドイツ。とっても暑かったので、プールで1日遊んだ。夜の8時になっても、まだプールで遊んで、嬉しいふたり。


ND2_3168.jpg

☆ラウラちゃんは馬が大好き! アロハのお誕生日プレゼントに、と、乗馬体験をプレゼントしてくれた。アロハ、ご満悦の表情。


ND2_3177.jpg

☆真面目に乗ってます。


IMG_6811.jpg

☆ベッドルームで遊ぶふたり。本もいっぱい読んでもらう。


IMG_6270.jpg

☆近くの町、グロミッツのビーチで。


IMG_6502.jpg

☆すでに2週間以上続いている「アイスクリーム屋さん」ごっこ。メニューもでき、ワッフルとか、カップとか、トッピングとか、いろいろと複雑な注文もできる。ラウラちゃん、さすがにお姉さんなので、遊びをリードしてくれて、アロハも学ぶところがいっぱい。

posted by うずめ at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

アルプスの少女!

 スイスからグーテンターク! 5回も飛行機を乗り継ぎ、ハードスケジュールでヨーロッパに着いたけど、着くや否や観光三昧で、すでに時差ぼけも治った私たち。スイスチーズとサラミのおかげかな? 

 みんな元気です! 日本の皆さんは、どうぞ夏バテなさらぬように!

ND2_2825.jpg

☆スイスの人は自国の旗が大好き! あちこちにスイス満載である。

IMG_5588.jpg


☆アルプスの少女……になってみた。お花がいっぱい! それもいろいろな種類の花が咲いていて、とてもきれい。

ND2_2992.jpg



☆豊かな緑の牧草と、様々なお花でできた牧草地(これがアルプ、という意味なんだって)で暮らす牛。穏やかで、とっても健康。牛乳も飲んだよ!

ND2_2946.jpg

☆アルプスの雪! 山の頂上近くにしかないけど、う〜ん、ピュアな味!

ND2_2846.jpg

☆私たちのお世話になっているクートさん。あちこち、本物のスイスを見せてくださっている。チューリッヒの町で。

posted by うずめ at 18:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

しばらく旅に出てきます☆

 ご無沙汰してしまいましたが、アロハ、ここ1週間くらいは風邪でダウン。嘔吐、下痢、熱とあって、医者に行ったら中耳炎に気管支炎で抗生物質を処方されてしまった。でも、昨日くらいから元気は取り戻したので、ほっと一息。というのも、私たち、明後日月曜日より、3ヶ月ほど旅に出てまいります。スイス〜ドイツ〜日本という日程で、親戚めぐり。最初の飛行機が30時間くらいでハードなので、アロハにはなんとか頑張ってほしい(ワタクシたちもがんばらないと……)。

 ということで、ブロードバンドもなさそうなので、ブログはしばらくお休みになってしまうかと思います。北半球のみなさんには、どうぞよい夏休みを。南半球のみなさんには、健康な冬を(!?)お過ごしください。

 以下、近況でありますが、つぎにお会いできる日まで、アロハ〜。

IMG_5123.jpg

☆つもるほどではなかったが、雪/雹が降った。風とか寒いところが嫌いなくせに、「雪食べる!」と飛び出して行ったアロハ。食欲(?)に勝つものなし。

IMG_5134.jpg

☆おいしいらしい。

IMG_5229.jpg

☆ボタンで最近は良く遊んでいる。これはお魚のボタン絵。「マンボウみたい」。目もヒレもあります。

IMG_4803.jpg

☆冬になると毎年行われる、ランタンフェスティバル。この時ばかりは、子供達も夜に外出を許され、ランタンを持って町を歩いたり、一緒にディナーをとったり。これはプレイセンターのランタンウォーク。夜のお出かけが大好きなアロハである。

IMG_4835.jpg

☆このところ、アロハが一番楽しみにしているプレイセンター。大好きなのはお医者さんごっこ、ドレスアップなどである。これはお友達のメイジーちゃんにお薬をあげているところ。

IMG_4841.jpg

☆同じくプレイセンターで。同じ年のメイジーちゃん、テッサちゃんとバスごっこ。

IMG_5114.jpg

☆プレイセンターで、仲良しのポピーお姉ちゃんと。お姉ちゃんのすることを一生懸命見てます。プレイドー(粘土)でケーキづくり。コスチュームはちょうちょ。

IMG_5023.jpg

☆あまり出る機会はなかったが、カヤックも行った。アロハ、今はひとりで真中の席に座れる。

posted by うずめ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

父の日(じいじへ)

 今日は父の日だ。ということで、アロハと一緒に絵を描こう、と考えた。

 実はアロハ、最近、とても絵が面白くなってきている。絵にお話が沢山入っているのである。ただ、3歳にしてはしっかりした形の絵を描いており、これは「あまり良いことではない」とも言われているんだけど(この時期は、ぐるぐる書きや、丸などに、意味づけを与えるので十分らしい。目や手足は出てくるころではあるらしいが)、アロハは2歳の頃から形になる絵を描いて来たし、最近は「歯」とか「鼻の穴」とか、自分で観察したものをちゃんと描いているので、こういう風に絵が早い子なんだ、と思うようにしている。

 さて、今日の絵であるが、こんな感じだった。

 「じいじにカードを作るから、一緒に絵を描こうか」と言ったら、すでに描き始めていた絵(右の方)の空いているところ(左の方)に、「じいじの顔を書く」と描きました。

 最初に顔を描いて、口をかいたらちょっと曲がっちゃったのを見て、「あれ、って顔なのよ。お財布忘れちゃったの」。
 
 次に胴体を描いて、赤い色で塗って、それから緑のボタンをつけて「ボタンなの」。
 
 それから腕を描いて、くちゅくちゅと丸まったものを描いて「おてて」。右の方にもうちょっと丸々を描いて「チョコレート持ってるの」。

 それから下に線を引いて「フィッシングしてるの」。 

 そして、「おさかな。みどり色。いっぱいみどり色でもいいんだよ」と描きました。ちゃんとヒレもついている? 教えているわけじゃないけど、私が前に描いたのを覚えているようだ。

 おさかなを塗り終わって、終わり、と思ったらしく、パチパチパチと自分で拍手。

 ちゃんと、じいじには郵送してあげないと。

IMG_4956b.jpg
posted by うずめ at 19:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3歳になりました

 先週の金曜日、アロハは3歳になりました。
 早いな〜。子育ては親育てというけど、私自身は「まったく」成長した気がせずに焦りのあるこの頃。しかしながら、アロハは順調に成長しております。これも、みなさんのおかげです! 改めて、いつも見守っていただき、ありがとうございます。

 3歳というと、バースディにもそろそろ興味が出てくる年頃。というか、アロハは「バースディ」とか「パーティ」とかの本が大好きで、そういうものを見つけると、何度も何度も読んで欲しがる。そこで、「プレゼントリスト」とか「招待状」とか「ドレス」とか「ケーキ」などのコンセプトはバッチリである。とほほ。でも、所詮3歳。なので、まだ自分でパーティを構成するだけのところには行っていない。よしよし。

 シュタイナーの人たちと相談をすると、「どうして、このスペシャルな日を、華美でなくお祝いできるか」ということで活発なディスカッションとなる。私たちも、お呼びしたい人は沢山、沢山いるんだけど、そうすると大パーティになってしまう。なので、シュタイナーのプレイグループでは、簡単にフルーツでお祝いし、誕生日当日は「年の数だけのお友達でお祝いをする」というアドバイスにしたがうことにした。シュタイナーのお友達、プレイグループのお友達は失礼し、生まれた頃から遊んでいた日本のお友達2人と、ドイツのお友達1人に来ていただいた。ありがとうございました。

 当日は、起きてすぐに「宝探し」。リビングに3歳ということで、3つの宝物を隠しておいた。1つは新しいパジャマ。もう1つはバックパックで、その中に新しい赤い靴、新しい赤いオーバーパンツ、新しいピンクの歯ブラシ、そして小さな蒸気で動く赤いオモチャの船がはいっていた。最後の1つがメインのプレゼントで、これはじいじ・ばあばからの「赤いスクーター」なのである。もう半年くらい、欲しい、欲しいと言い続けていたので、これはやっぱり嬉しかったらしい。

 宝探しのあと、朝ご飯。特に変化はなく、おまけにひとつ、チョコレートがついていただけ。でも、それをお皿の上で見て、信じられないという目で見ていた。何か言ったら、取り上げられちゃうかも、という感じで、そっと指で突いていた。

 それからお風呂にはいって、10時半にお友達が来た。お友達には、詩か歌を持って来ていただく、ということになっていて、歌を歌っていただいたり、カードにすてきな詩を書いていただいた。

 あとしたのは、フラックスで冠を作ることと、風船を膨らませて飾ったことくらい。それでも、十分にビッグな誕生日でありました。みなさん、本当にありがとう!

IMG_4846.jpg

☆去年に引き続き、シュタイナーのプレイグループでは、パイナップルでお誕生日のお祝い。

IMG_4854b.jpg

☆お友達の編んでくれたフラックスの冠。

IMG_4870.jpg

☆誕生日前日には、ケーキを焼いた。ヘルシーに、バナナとキャロットのケーキ。作っておいて驚かせるのもいいけど、一緒に作るのもいいと思う。

IMG_4876.jpg

☆一緒に作ると、こうやって種も舐められるもんね。

IMG_4912.jpg

☆当日のご飯。持ち寄りでお願いしました。

IMG_4918.jpg

☆みんなでご飯を食べると楽しいね。でも、ハッピーバースディなどを歌ってもらうと、照れて顔をそむけるアロハ。

IMG_4950.jpg

☆これが赤いスクーターだ! Radio Flyerというアメリカの会社のもので、しっかりした作り。バックパックもしょって、ちょっとしたストリートキッズ風だが、まだうまく乗れないので、歩くのと比べて10倍くらい遅くなる(泣)。




posted by うずめ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 3歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。